ヒート・ビート:05 これはいい艇だ!

○カヤックの価格について
数年前のカヤックのカタログを見るとFRP艇っていうのは30〜50万円くらいの価格の「ぜーたくなカヤック」だという印象だったんだけど、ここ最近は20万円程度で買えるものが多く出てきたようです。
こうなるとFRPといっても価格的にポリ艇と変わらないのでFRP艇→金持ち、ポリ艇→貧乏人という図式はなくなったようなものです。

ポリ艇はポリ艇で岩場でもがんがん入っていけるし、メンテナンスも楽だし良い点はいっぱいあります。
経済的な制約でなく自分の乗り方で艇の材質を選ぶというのは本来の姿でしょう。

安価なHEAT BEAT(\188000)はFRP艇の選択肢としては魅力的な艇だといえます。

○重いけど頑丈です
最近のFRP艇が20kgを切っていて女性でも扱い易くなっているのに較べると、このHEAT BEATはけっこう重たい(23kg)です。
長さも5mを越えている事を考えると「軽くてコンパクト」という流行の(?)コンセプトではないようです。

結局FRPの重さというのは積層の厚さです。
軽い艇がペコペコで取り扱いを気にしなきゃいけないほど華奢にできているのに較べるとHEAT BEATは実に頑丈にできています。
デッキに腰かけても大丈夫、象が踏んでも壊れないくらいの安心感を持ちます。(最近の湘南の海にはあまり象が居ないので実際に踏んでもらうことができません、残念)

乗ってみれば操作性が素直で扱いやすい、しかも丈夫で安心という点からHEAT BEATならではの乗り方というのを考えれば十分に楽しめる艇だと思います。

 

(2002,02.11)


↑UP TOP