パドル

Northshoreのパドル。
これは1本ものなので、ぐらつきもなく軽量でなかなか使いやすいパドルです。 220cmでフェザー角は90°

 

最近使っているのがこのパドル。Aquabound社製の「Tripper
アルミシャフトで2ピース。長さは250cmとかなり長めのものを購入しました。

ブレードの幅が狭く細長くなっています。フェザー角を変えられるので0度(アンフェザー)で使っています。
内田洋平氏の「シーカヤッカーズハンドブック」では長めのパドル、ナローブレードでアンフェザーがシーカヤックに向いているという記述があったので、単純に洗脳されてしまいました。

ナローブレードというより、250cmという長さのせいかもしれないけど、艇のスピードが乗るまではけっこう苦労します。だけどスピードが出てから急に楽になります。
海とは違って波のない湖(西湖)で乗った時には特にこの差を実感しました。2.5ノットを越えたあたりで急に漕ぐのが楽になって4ノットくらいまでどんどん加速します。
この長いパドルを扱うのは「遠くを浅く」漕ぐのがコツのようです。


↑UP TOP NEXT→