後悔日誌 (本当は航海日誌のつもりなんだけど)

2001年11月23日
Hussy & BRAT社の「Heat Beat」という艇を買いました、新艇です。カラーまでオーダーして注文から納品までたったの1週間。こんなに早く届くとは思いませんでした。

と云う事で、今日は進水式の儀式。
シャンパンやワインで格好よく新艇の進水式をする人もいますが、そこは湘南運勢堂、神事として、きちっと厳かに執り行いました。

地鎮祭なら、しめ縄を張るのですが今回は砂浜に五芒星形を描いて代用です。これが「結界」となります。儀式の呪禁が発散しないように場を限定するのが結界。
新艇をこの結界の中央に置きます。
三方(正月の鏡餅を飾る台)に米・塩・神酒・榊を載せて供えます。

次に祝詞(のりと)を挙げます。
手順としては、二拝四拍手して祓詞(はらいのことば)、次に祓短称詞(はらいのとなえごと)、二拝四拍手して神拝詞を唱えて黙祷。最後に神語を三唱して祝詞は終わります。

神酒を一部艇にかけて残りは海に流します。米と塩も海に供えました(海に塩を流しても効果ない?)。

初乗りでとりあえず菜島までの往復。
GPSを積んでいなかったので今回は速度を計ることができませんでした。ただ体験としてシーフォックスよりはスピードが出て直進性はいいです。
心配だった安定性も問題なし。ただ今日は風も波もなく海が穏やかだったので、荒れた時にどうなるかは判りません。

重量の23kgというのはシーカヤックとしては決して重たいわけではないのだけど、今までのシーフォックスの19kgと比べると鉄のように重く感じました。単に重さだけでなく5mという長さのせいもあると思います。それだけシーフォックスが軽くて担ぎ易かったというだけなんだけど。

菜島ではコンロでお湯を沸かしてカップめんで昼食。コーヒーを入れて休憩。

江ノ島も富士山もきれいに見える小春日和の穏やかな一日。
こんな日に海に出ないなんてもったいないデス。みんなどんどん海に出ようよ。